SCANDAL – Yoake No Ryuuseigun (夜明けの流星群)
SCANDAL
SCANDAL – Yoake No Ryuuseigun (夜明けの流星群)

夜明け前 吹き荒れた風は何の前触れ? 嘘で固めたハートはがれ落ちてく 泣かないと約束したのに止まらないスコール 君の声が不意に聞こえたせいさ [春/と] 見つからないものばかりが増えていっても [春/と] この想いは失くしていないよ 降り出した流星群に 願いを積んで 君の明日へ放つ 「いつかまた会える」って言わないよ 振り向かず行けるように ずっと叶えたかったその未来って 今夜かもしれない つながった手を 今強く 握った 同じ空の下 ぶつかり合った日は 誰より遠くに感じて ポケットの “ごめんね”が 取り出せないまま 不器用に振り回してばかりだったのに 君はいつも隣にいてくれたね [春/と]「さよなら」の代わりをずっと探してるの [春/と] 遠い空がにじんでゆく 過ぎ去った流星群を胸に抱いて 僕はエールを送る どんな深い森に迷ったって 笑顔がすぐそばにあった 毎日にひそんだサプライズが 君を大きく変える 輝くダイヤモンド 心にひとつ 忘れないように もし世界が色を変えて 帰り道がわからなくても [春/と] 行かなくちゃ…

SCANDAL – I Don’t Plan On Seeing You, Take Care (会わないつもりの、元気でね)
SCANDAL
SCANDAL – I Don’t Plan On Seeing You, Take Care (会わないつもりの、元気でね)

離れてしまった心と心を [春菜/まみ] 行き交う朝の喧噪に探した 「ここで良いから」と信号待ちで言う [春菜/まみ] 見慣れた横顔 見えなくなる顔 始まる前のように 同じ世界に [春菜/まみ] 居ないように [春菜/まみ] 出来るかな したくないな 失う直前 急に現実になって 言葉は喉に引っ掛かって 青になる 動き出す 微笑む君が言う 二度と 会わないつもりの「元気でね」 最後に優しさはいらなかったのに 「さよなら」とか「じゃあね」とか 糸を切るように離してよ ねえ 会えなくなるから「元気で」と 最後まで二人想えるなら 手は離さないまま それで良いのに [春菜/まみ] 遠くなる いつでも後から寂しくて 終わらせたのは誰? 先に目を…

Scandal – Rainy
SCANDAL
Scandal – Rainy

閉め切った部屋で一人きり 雨は容赦なく窓を叩いてる そこでいつまで震えてる気? 踏み出すこと怖がって [春菜/まみ] 小さく揺れるキャンドルの火 [春菜/まみ] 静かに燃える君の心のよう ちょっと切ない毎日を 負けないように生きるしかない [春菜/まみ] 時計の針が 今 動き出す レイニー レイニー 雨は止まなくても (Oh…) 空を見上げて 新しい世界へ飛び込め (Oh…) 始めてみなよ Believe in yourself 立ち止まっても 歩いていても 同じスピードで時間は過ぎてゆく [春菜/まみ] 水溜りに落ちる花びら [春菜/まみ] 次の季節が急かしているかのよう なんとなくやり過ごした 今日に後悔してる暇はない [春菜/まみ]…

Scandal – Departure
SCANDAL
Scandal – Departure

桜の季節が来たね 商店街のあの公園も 寒さに負けずにヒラヒラと 今年も満開を迎えてます 一緒に歩いた夜は 綺麗に明かりが灯ってたね 短い歩幅で着々と 私も一歩ずつ歩いてます あれからどれくらい 月日が経ったのかなんてさ 忘れそうになるな 立ち止って見上げた サクラ 出会いもあれば別れもあるなんて 誰かが決めた季節に [春菜/ともみ] またね と大きく手を振って [春菜/ともみ] さよならじゃないこと確かめた 言葉にならない気持ちは この花びらに乗せればいいんだよ [春菜/ともみ] って君が教えてくれたこと [春菜/ともみ] いまでもちゃんと覚えているから 桜の季節が過ぎると 商店街のあの公園も 役目を終えたように静かで なんだか少し寂しくなります いまでも変わらない? 知らないこともきっと増えたね 甘えたくないから あの日に置いてきた二つの影 最初の涙も最後の笑顔も…