Jurin – Day Of The Firefly Festival (ほたる祭りの日)
Jurin (ジュリン)
Jurin – Day Of The Firefly Festival (ほたる祭りの日)

「この町のほたるが 一番きれいに 輝く秘密の場所はここだよ」 夜空ふたりで見上げて そっと教えてくれたね 光の糸をなぞりながら あの日君は小さな 荷物を大きな夢で 嬉しそうにくるんでいたね 「何か忘れ物はないかな?」 尋ねる私に 「何もないよ」 と笑って 東京へ続く国道をまっすぐ 走るバスで君は旅立った 旅立ちの日に君を 困らせたくはなかったの だから泣いちゃダメだって 言い聞かせてた いつかいつかいつか また会える日まで この町で待ってます 涙の夜もしも 君がひとりなら どうか思い出してね 「東京の光はキレイですか?」 「ほたるの光は 今日も優しく 足元照らしてくれています」 「川縁のにおい、ほたるの碧」 「東京で暮らす君の心にも どうか届きますように」 あれからこの町の 景色も変わったよ 時は流れ続けているから…