FLOWER – forget-me-not (ワスレナグサ)
FLOWER
FLOWER – forget-me-not (ワスレナグサ)

「ずっと 元気でいてね」 精一杯 言葉にした ひとり このまま行くね 町の向こう 夕日が染めてく 心に嘘はつけない 溢れる愛しさが 胸をしめつけても 忘れないよ 忘れないよ ひとつ残らず 君と駆け抜けたあの夏も 明日からの毎日に つまずいた時 思い出すよ 君がくれた勇気を 君が流した 涙を そばに 寄り添ってるだけで それでいいと 思ってたけど いつか 気が付いたんだ 君にさえも 譲れない未来に 夢が二人つないで そして夢が二人を今 遠ざけたの 忘れないよ 忘れないよ ひとつ残らず…

FLOWER – Tears of Tropical Fish (熱帯魚の涙)
FLOWER
FLOWER – Tears of Tropical Fish (熱帯魚の涙)

夏が[RE/CH/KY] 来るわ [RE/CH/KY] 夏が… 頬杖をついた窓に 吹いた微風は 少し暑くて [CH/KY] 汗ばんでる私の肌を [CH/KY] ひらり撫でて張り付いた [RE/CH] どうしてでしょうか? 思い出すわ 夏になるとあなたを [RE/CH/KY] 私 あなたの腕の中の 愛を知らない [RE/KY] 熱帯魚だった [RE/CH/KY] どんなに激しく泳いだって そこにあるのは涙の海でした 夏が来るわ [CH/KY] 夏が… 水槽の中漂う 魚たちはとてもきれいね [RE/CH] 羽広げた 孔雀みたいに [RE/CH] 輝いては乱反射 [RE/CH]どうしてでしょうか?…

FLOWER – Let Go Again (feat. Verbal of M-flo)
FLOWER
FLOWER – Let Go Again (feat. Verbal of M-flo)

Let go… let go… let go… let go… let go… I know I gotta let go Let go… let go… let go… let go… let go… I know I gotta leave it all behind and…

FLOWER – Still
FLOWER
FLOWER – Still

oh… ahh… いつもどこかで思っている 君を自分でも気付いている ずっと忘れられたら どんなに楽だろう でもできないから 傷つくごとを恐れで 二人喧嘩もせず別れた もっと熱くもっとふたく 君を愛せたのにね I’m still in love with you あの日に帰りたいなんて 痛い訳じゃない 今も君を見つめていたいだけ I still believe in you 悲しみがあるからきっと 喜びが生まれる 雨上がりの夜空に光る 星達のように 下駄こと悔やんでみたり 別の恋探したり もうこれ以上も人文に 嘘は吐きたくないよ I’m still…

FLOWER – Snow White (白雪姫)
FLOWER
FLOWER – Snow White (白雪姫)

あなたに愛する人が いるってわかってて 好きになったんです どうにもならない恋が 胸の奥で 赤く赤く泣いてる 逢いたい逢わない 逢えば私はまた あなたに抱いてほしくなるでしょう 煌めいた冬の星座たちを隠して シンシン降り始めた雪は 汚(けが)れを知らないSnow White Color 純白の雪の中 咲ける花に なれるとしたら 永遠にあなたを 待ち続けてたいの 何もかも白雪色の 世界なら 鮮やかに 私だけ ああ 咲けるからよ どうせなら「好きじゃない」と あなた言ってください いっそ言ってください 仄(ほの)かに期待している 片想いが チリリチリリ燃えてる 寒い寒い 寒い夜ほどまた あなたに抱いてほしくなるんです 凍えてる白い森に迷いこんだら シンシン降り積もった雪よ 私を染めてよSnow White Color 純白の雪の中 眠りましょう 瞳を閉じて いつまでもあなたを 待ち続けてたいの 春の日に白雪姫は キスされて 哀しみの 眠りから そう 目覚めたのよ 鏡よ鏡よ教えて…

FLOWER – Sun and Sunflower (太陽と向日葵)
FLOWER
FLOWER – Sun and Sunflower (太陽と向日葵)

暮れて行くオレンジに空は燃えるから 切なさが私の胸に広がった 夏が終わる どうかお願い 抱き締めて熱が上がるぐらいに 眩しく笑う太陽それがあなたなんです 夕焼け滲んでる坂道に ゆらりゆらゆらと揺れる陽炎 あなただけが映る キラリキラリ夏模様「好きよ」 夏が来る度 そっと 人に言えない秘密増える もう子供のままじゃいられない様な 夢よりも熱いこの思い 日に焼けた素肌に触れたとき 悲しくないのにただ涙溢れ(こぼれ) 落ちそうになるのが不思議 これが愛なら他に何もいらないの あなた以外欲しくなんて無い 今年咲いた向日葵それが私なんです 黄昏の夏空 風が吹く ゆらりゆらゆらと淡い陽炎 あなただけを見上げ キラリキラリ恋模様「好きよ」 夏の終わりはいつも 何か無くした気持ちになる 少しずつ長くなる影が不安で どうしてもあなたに会いたい 離れていてもね 平気なんて そんなこと思えない私を あなた優しく叱ってください そして私はもっともっと好きになる…

FLOWER – Sakura Regret (SAKURAリグレット)
FLOWER
FLOWER – Sakura Regret (SAKURAリグレット)

桜に色づく目黒川 わけもなくずっと立ちつくしてる 去年はとなりに君がいた あの春をまだ終われないまま 初めてのキスのあと ふたりは ふるえたまま言葉がした ごまかすように 肩をよせたね 夕暮れまで 帰り道をなくして ただ 想い出をもてあます19時 君がいないこの街 気がつけば 桜色 all over 笑いかたをわすれて ただ さみしさを飲みこんだ20時 君がいたこの街じゃ 哀しみは舞い散る桜のようです ひとりで生きてく毎日は 誰からもきっと裏切られない 確かなことなど何もない わかってる でも信じたいもの 誰かが残しってた落書きに とめどなく涙がこぼれた 今までずっと こんな感情 知らずにきた さよならも言わないで ただ 人ごみに消えてゆく8月 君が残したものは 浮き沈む この心 turn over 本当の哀しみに まだ 気づかずに過ごしてた12月 君なきこの世界は…